仮性包茎程度であれば日本人の60%が該当しますし、それほど深刻に考える必要はありません。

包茎の種類

仮性包茎

最も症状が軽く、名前こそ包茎と名づけられていますが、実質には包茎特有の不自由さはありません。また、日本人男性の6割が仮性包茎とも言われているので、深刻なコンプレックスには至らないのが特徴です。

 

通常皮が被っているものの、手で簡単に剥けて痛みも感じません。
このため、エッチも問題なく行えますし、正常な性器だと思っても構わない状態です。

 

敢えて支障を挙げるとすれば、普段から完全に皮が剥けている男性に比べると刺激に敏感で早漏になりやすいということと、皮を被った状態を維持してしまうと菌や垢によって不潔になりやすいという点です。

 

とは言え、その気になれば勃起していなくても簡単に皮が剥けるため、意識さえ欠かさなければ清潔な状態を維持することができます。

 

 

カントン包茎

無理やりなら皮を剥くことができる症状です。
剥けるといっても強引に剥くといった感じですし、皮の口が狭いため、剥いた後は性器を締めつけるような痛みを感じ、腫れてくる場合もあるので、当の男性は仮性包茎との区別をつけるのが容易です。

 

例え皮を剥いて性器を露出させても、締めつける痛みや違和感は改善されないため、エッチの場面では支障があります。

 

また、症状的にも皮膚が切れやすく血が溜まってしまうことで深刻な症状に発展するケースもあるため、手術などによる早期解決が必要です。

 

 

真性包茎

包茎の中で最も深刻な症状です。
勃起している時もしていない時も、どうやっても皮を剥くことができず、常に皮を被った状態を示します。

 

こうなる要因としては、皮の口が極端に小さいか、皮と亀頭がくっついてしまっていることが可能性として挙げられます。
清潔さを維持することが困難な上に炎症まで起こしやすく、見栄えとしても正真正銘の包茎で、エッチの時に女性が嫌がってしまいます。
真性包茎を改善するには手術しか方法がなく、真性包茎が与える影響を考えると、手術による早期の治療が必要です。

 

 

包茎を大まかに分けるとこれら3つに分類されます。
見栄えだけの問題と思っている男性もいますが、包茎は病気に繋がったり、エッチの時に大きな支障になり得るため、手術などの治療で改善することが必要です。

包茎が嫌われる理由とは