セックス中は口で咥えるなど、直接ペニスに触れる行為もあるため、清潔感には敏感になります。

包茎とセックス

包茎はセックスで支障を及ぼす

包茎は衛生面でハンデがあるだけで、清潔にしておけば問題ないと思ってしまう男性もいます。
しかし実際はそうではなく、包茎であること自体がセックスにおいて大きな支障を及ぼすのです。

 

この時負担となるのは常に女性の方であり、その結果女性は包茎の男性とのセックスを嫌がるようになってしまいます。

 

 

不潔に感じられることの支障

性器は清潔に保っておかなければならない箇所です。
性器が皮を被っている状態だと清潔の維持は難しく、尿が付着することによる細菌や垢が溜まり、悪臭を放つ結果にも繋がります。

 

そんな中、セックス時には女性が男性の性器に触れる機会が多々あります。
手で刺激するのはもちろん、口で咥えたり舐めたりする奉仕や、体型によっては胸に挟む行為もあります。清潔さを感じない性器に対してこうした行為をするのは、女性としては極めて苦痛です。

 

また、包茎は意図的なものでなく、男性に悪意がないことから、女性もそれに対して指摘しづらく、包茎の男性とのセックス自体に嫌気がさしてしまうのです。
例え直前に洗って臭いを落としたとしても、今度はイメージという名の壁が女性の前に立ちはだかります。

 

包茎は不潔、包茎は臭いという世間のイメージを女性は知っていますし、例え男性が目の前で綺麗に洗う姿を見たとしても、そのイメージの方が勝ってしまうのです。

 

 

挿入に満足できないことの支障

“セックスは愛情があればいい”、建て前としてはそうですが、実際には快感を得るのも必要です。
しかし包茎の場合、男性も女性もセックスによる快感を堪能できないケースが多いのです。

 

それがしっかりと実感できてしまうのが、セックスのメインでもある挿入の場面です。
普段皮を被っていることから、挿入時だけ皮が剥かれることで、剥きだしになった性器は敏感になります。

 

このため、包茎の男性が挿入すると、挿入時に痛みを感じてイケない、もしくは敏感すぎてすぐに射精してしまうなど、早漏と遅漏の両方の可能性を含んでいるのです。もちろんどちらも女性にとって満足できるものではないですし、男性にとってもそれは同じことが言えます。

 

これらの点から、包茎はセックスにおいて大きな支障となっているのです。