女性のイメージやセックスの問題以外にも病気に対する心配もあります。

包茎を放置すると

包茎が原因で起こり得る病気

最も恐ろしい病気として挙げられているのが「」で、陰茎癌と包茎には関係があると言われています。

 

これは実際に陰茎癌になった患者を世界規模でデータをとった結果であり、確実な根拠はないものの、陰茎癌が不衛生さによって発病することを考えると、包茎との関連を否定できないのが事実です。

 

また、一般的な病気としては「炎症」があり、亀頭包皮炎がこれにあたります。
これは子供がかかりやすい病気なのですが、その原因となるのが亀頭に垢や尿が溜まることにあるため、包茎の成人男性においても発病する可能性があるのです。

 

さらに性病への感染率も高くなります。

包茎の場合、セックスにおける挿入時に皮が裂けることの裂傷を起こす可能性が高く、傷口から感染を招いてしまうのです。
実際に真性包茎は医療において保険の対象となっていますし、治療が必要な病気として国からも認識されているのです。

 

 

なぜ包茎は病気になりやすいのか

性器の皮が剥けているか剥けていないか、包茎の基準はその違いだけです。
それにも関わらず病気を招く可能性が高い原因は、包茎特有の不衛生さです。
性器は細菌が繁殖しやすい箇所の一つで、それは尿が付着することが原因です。

 

本来こうした細菌は、毎日の入浴時に綺麗に洗い流すことで大きな問題になることはないですが、包茎の状態では綺麗に洗えないと弱点があります。

 

例えるなら、風とおしのいい場所と密閉された場所、どちらか環境的にいいかということであり、包茎の場合、皮を被っていることから、後者の例えにあたります。

 

この環境の悪さが不衛生さを招き、尿や精液が洗い流されることなく蓄積され、垢となって菌や悪臭を生むのです。
つまり包茎だと、環境面で非常に悪い状態を維持していることになるため、従来の皮が剥けた性器に比べて、様々な病気を招く可能性が高くなっているのです。

 

そもそも包茎自体が病気として認識されていますが、そこから発展する病気はいくつかあります。
このため、包茎が及ぼす害は、見栄えとセックス時だけの問題ではないのです。

 

何より対象となる男性自身の身体に害を及ぼす可能性があるため、早期治療が望ましいのです。