上野クリニックは、ネットを始めとする各種口コミでも評判上々だ。

上野クリニックの評判

上野クリニックの評判に関してだが、悪いはずが無い。

 

知名度がナンバーワンであることも確実だ。

 

ただし、ネットでの評判の書き込みには、実際には治療を受けていないだろうと思われる、創作体験談も多いようだ。
実際に手術台に上がり、包茎手術を受け、切り離された包皮を愛おしくしばらく指先でいじくっていた筆者が、ネット上の評判をまとめ、自分なりに分析してみた。

 

「ステマ」という言葉が認知されてから、もう3~4年経つだろうか。
一昔前は、宣伝というとテレビのコマーシャルを真っ先に思いついた。新聞折込のチラシなどがそれに続いた。だが現在、ネットでの評判が、一番リアルで影響力も大きい気がする。

 

ただし、ここに落とし穴がある。

 

上野クリニックでの治療に関して、そのほとんどはその技術の高さ、手術での痛みの少なさ、対応の丁寧さを報告している。
だが、匿名で投稿された評判、口コミ=正しい、という思い込みを逆手に取り、ありえない様なトラブルを投稿するケースがある。

 

いわば逆ステマ
上野クリニックの包茎治療で100万円かかった、というのは完全にそれだ。

 

少し考えれば分かることだ。
ネットでは時に、杜撰な治療を行なった医師の個人名まで記載して批判していることがあるが、上野クリニックほどの大きな組織であれば、すぐに組織内調査に入るだろう。

 

広告等、宣伝を積極的に行なっているからこそ、口コミ、評判などの影響力の怖さも知っているだろう。
投稿どおり、技術力の低い医師の治療、不明瞭な治療費などが判明したら、即座に対応するだろう。
嘘の情報はすぐにバレる。

 

上野クリニックは、今までに23万人以上の男性を治療してきた。
隠しているだけで、身近にも上野クリニックで包茎治療を受け、「ヒトツウエノ」男になった男性もいるかもしれない。

 

もしそういう人がいたならば、その人が語る内容こそが真実だ。
上野クリニックに関しては、今まで大きなトラブル事例を聞いたことが無い。

 

23万人も治療してのことだ。驚異的である。